CAFE

【ウィーン】1876年から続く伝統的なカフェ”CAFE CENTRAL“

カフェ文化が盛んなウィーン。

最初のカフェが誕生したのは17世紀。社交や情報交換の場としてカフェ文化が盛んに。

街には魅力的なカフェがたくさんあったので、オススメをご紹介。

【CAFE CENTRAL】

ウィーンに着いて1番最初に訪れたのが【CAFE CENTRAL】

1876年から続く伝統的なカフェです。

月曜〜土曜は朝の7:30から営業しているらしく、9時ごろ行きましたが

既にたくさんのお客さんで賑わっていました。

とても有名店で大変混み合うため、訪れるなら朝がベター。

ウィーンを代表するクリムトやエゴン・シーレなど、新進気鋭の芸術家や著名な作家・文化人が出入りしていたことでも有名なカフェ。

入ってすぐに目に飛び込んできたのは、そんな若き芸術家たちを繋げていた、当時の常連で作家のアルテンベルク。

そんな偉人に迎えられて店内へ……。
かつて宮殿だった建物だけに店内のアール・デコ調の装飾や創りがとにかく美しい。

What we ordered

ケーキもおいしいと聞きましたが、フライト直後で腹ペコだったためブレックファーストメニューをオーダー。

プレートはかなりのボリュームなので、2人でシェア。


クロワッサンが、表面はサクッ、中はモチッとしていてかなり美味しかった…!

そして日本で“ウインナーコーヒー”として親しまれている、クリームが乗った【フランツィスカーナー】をオーダー。

ちなみに、フォームミルクを加えた【メランジェ】は、オーストリアで日常的に飲まれている1番人気のコーヒー。

私もこの旅中、毎度カフェで飲んでいました。ふわふわのメレンゲが美味。

最終日の夜も訪れましたが、夜も雰囲気たっぷりで素敵!!

やはり混んでいて、待つこと20分。

初日に見かけたミルフィーユがどうしても食べたくて行ったのですが…残念ながら完売。

ウィーンの思い出を語りながら、最後にレモンタルトとメランジェで締めくくります。

とにかく雰囲気が抜群に良く、メニューも美味しい!

ウィーンに行ったら、ぜひ訪れてほしいカフェの一つです。

アドレス: Herrengasse 14

営業時間:月〜土 7:30−22:00 / 日・祝 10:00−22:00