LIFE STYLE

【NY】急遽、アメリカでデータ印刷が必要になったら。

NY生活、2週間が経ちました。

特に問題なく過ごせていますが、困る事といえば郵便物の受け取り・メトロカードのチャージ(本当に機械がスムーズにいかない笑)などなどちょっとした事が他にもチラホラ。

そして直近で焦ったのが『仕事で急遽、データを印刷をしなくてはいけなくなった!』

日本みたいにパッと印刷できる所ないかな〜と調べたところ、街の至る所にある【FeDex Office Print】のprint&goというサービスで印刷が可能との。

家の近くに24HのFedex Office Printもあったので、かなり有難い…

データ印刷の方法は3つ。

  • USBに入れて持ってくる
  • Emailで送ってプリント番号を受け取る
  • クラウドに入れる(Google Drive, Dropbpx, My Online Docs or Microsoft OneDrive)

USBを持っていなかった&メールでの受信が何故かできなかったので、クラウドにアップしてみることに。

データ印刷だけでなく、普通のコピーやスキャンも可なので、パスポートのコピーが必要になった時なども使えます。

データ印刷の対応ファイルは

  • Microsoft Word
  • Microsoft PowerPoint
  • Adobe PDF  JPEG&other image files

他ファイルは店員さんに要確認との事。

とりあえず、お家で作ったイラストレーターのデータをPDFにしてDropbpxにイン

まずはクレジットカードを入れる

プリンターにクレジットカードを差し込み、まずは支払いの準備。

元々kinko’sが街にあったらしく、このプリンターもkinko’sのものでした。

画面上でDropboxにログイン

印刷機の画面でDropbox(その他クラウド)にログインが可能。

うっかりパスワードを忘れていたので、準備してから向かうとスムーズ。

Dropboxに保存したファイル一覧が表示されます。

そしてそのまま印刷したいものを選び、プリント終了!

1枚 $0.76

値段はカラーコピーで1枚約82円

少々割高ですが、紙がとってもしっかりしていて良い紙でした。

 

私は普段、セブンイレブンのネットプリントに頼りっぱなしなので

すぐに印刷できないかもしれない状況にプチパニック。

ですが、クラウドを使ってピピッと印刷できるなら、問題なし。便利!

海外で急遽印刷しなくてはいけなくなった!等の状況の時に、きっと役に立つはず。